シックスパッド 痩せる

あなたは今の体型に満足していますか?

 

下半身や脚は、パンツスタイルでもスカートでも脚や下半身の形がハッキリと見えるので周りの人の目に入りやすく、スラリとした美脚には誰もが憧れですよね。

 

痩せたいと言っても、太もも・ふくらはぎ・腰回りなど気になる部位は人によって違います。

 

あなたは、太もも・ふくらはぎ・腰回りのどこが痩せたいですか?

 

下半身の太もも・ふくらはぎ・腰回りなどを痩せる方法を紹介します。

太もも・ふくらはぎ・腰回りなどを痩せる方法

太もも・ふくらはぎ・腰回りなど太くなっている原因に脂肪を取り除くかなければなりません。

 

 

筋肉をつかわないと脂肪がついてきます。

 

ふとももは他の部位よりも目立ちやすくなります。そして太ももやでは脂肪の塊と言われるセルライトができてしまいます。

 

セルライトは通常の脂肪の変化したもので、一旦できてしまうと少しくらいの運動では燃焼せず、ずっとついたままになってしまいます。

 

むくみは、血行不良によって老廃物やリンパ液が溜まってむくみが起こります。

 

太もも・ふくらはぎ・腰回りなど下半身が太くなっていると日常生活で不快なことがでてきます。

 

 

一般的に太もも・ふくらはぎ・腰回りなどを痩せる方法として筋トレ、ウオーキング、ストレッチ体操、マッサージなどがあります。

 

あなたはどの方法が結果が出せるませ続けられそうですか?

 

ウォーキングってなんとなくできそうだけど、続くかな?
筋トレなんて最初からムリ。
ストレッチ体操いろいろなパターンがあって大変そう。
マッサージしようと思っても忘れてしまいそう。

 

何かを始めるのは、行動すると決めないと始まりませんが・・・。

 

 

特別な運動なし
食事制限なし
読書や家事をしながら太もも・ふくらはぎ・腰回りを細くする方法があります。

シックスパッドは・・・ながら運動で痩せられる、脂肪をおとす。

シックスパッド(SIXPAD)は

 

テレビを見ながら
 家事をしながら
 仕事をしながら
パソコン作業をしながら

 

少しの・・・ながら運動で効率的に時間をつかえます。

 

太ももや腰回りなら、パソコンや料理中でもシックスパッド(SIXPAD)で体を鍛える事ができます。

 

時短になりますし、貼るだけで運動ができるのはいいですよ。

 

シックスパッド(SIXPAD)は、
運動をしたいけど運動する時間がない、運動は苦手だ。
腰回りがポッコリしてきた・・・年齢で基礎代謝が落ちてきたのかも。
食事制限をするダイエットはしたくない・・・ストレスが溜まりそう。
ダイエットや運動する姿を人に見られたくない。
ふとももや腰回り、二の腕など気になる部位だけの脂肪をおとしたい。
 腰痛やギックリ腰で激しい運動ができない。

 

シックスパッド(SIXPAD)の本体や消耗品の料金の負担ははあります。

 

ジムやプールに行くにも、ダイエット食品を購入するにもお金はかかります。

 

シックスパッド(SIXPAD)は自分の都合のいい時間に、・・・ながら運動で脂肪を落と鍛えてくれます。

 

 

 

 

シックスパッド(SIXPAD)でふともも、ふぐらはぎ、お腹周りを痩せる

シックスパッド(SIXPAD)でふともも、ふぐらはぎ、お腹周りを痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

効果的な シックスパッド(SIXPAD)を貼る位置というのがあります。

 

ふとももの場合

 

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉は、太ももの前側の筋肉で、下半身の筋肉の中でも、人体でも一番大きな筋肉と言われています。

 

シックスパッド(SIXPAD)で大腿四頭筋を鍛えて基礎代謝をあげ脂肪が燃えやすくして痩せやすい身体づくりをします。

 

ふとももを痩せるためには太ももの内側にある内転筋を鍛えます。

 

内転筋を鍛えることによって、太ももが細く引き締まった美しい脚になります。

 

ふぐらはぎの場合

 

シックスパッド(SIXPAD)を貼る部分はふくらはぎで最も肉が多くついている箇所にしましょう。
肉付きが薄いところに貼ると、骨に近い部位になってしまって痛みを感じてしまいます。

 

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ体の中の血液などの循環をしている大きなポンプの役割をしています。

 

とてもむくみやすく、余分な水分や老廃物などが溜まりやすいのでなかなかふくらはぎを引き締めたりするのは普通はむつかしいです。

 

ふくらはぎにシックスパッド(SIXPAD)を貼ると筋力アップするだけではなく余分な老廃物が溜まりにくくなりむくみにくくなります。